やりにくい場合は

自分で整膚をやる時に、やりずらかったり、引っ張りずらかったりする場合があると思います。そうゆう時は服の上からでなく、肌を直接つかんで引っ張りゆっくり戻してみてください。また、体の場所によっては横たわって整膚したほうがやりやすい場合もありますので、自分でやりやすい姿勢を探してみてください。入浴時などもやりやすいと思います。押したり揉んだり伸ばしたり湿布を貼ったりするより、引っ張ることが一番体にいい影響をあたえることができます。そして続けることで健康増進していけることを感じていけるようになります。