固まった水分のない土を耕す

土を皮膚に例えています。固まった土を少しずつ耕し、やわらかくしていく。耕し続けることにより土がいい状態になっていく。耕すとは、引っ張りゆっくり戻すことです。コツコツと耕すことで、筋肉がやわらかくしなやかになっていく、血液やリンパ、気の流れが変わり体の循環が良くなっていく。圧迫されると止まります。常に圧迫されている足の裏の皮膚が固くなってしまうのと同じです。コツコツ耕すことが一番の健康法です。