皮膚の温度、湿度が変化する2

施術やセルフ整膚を続けていただいていると、冷え性が改善していく方も多いです。冷え性の場合は、お腹全体と足(ふくらはぎ)を整膚すると効果的です。お腹は臓器が集まっている場所です。お腹を整膚することで内臓にもいい影響があります。体が温まり体温が上がれば、さまざまな病気の予防、改善につながると思います。整膚の良さは、ただ痛みを改善するだけでなく、自分の手で自分の体を健康増進していけることでもあります。

皮膚の温度、湿度が変化する

皮膚を引っ張ることで血流が良くなり、皮膚が温かくなります。体の中で不調な場所は、皮膚が黒ずんでいたり、乾燥したり、水分が無くなり、艶がなかったりします。これからだんだん寒くなってくると、皮膚が乾燥して、しもやけやあかぎれになる方も多いかと思います。自分も昨年の冬、人さし指と中指の関節の上がカサカサになり、少しヒリヒリするような感じでしたが、痛くない程度に、暇を見つけては整膚をしていました。2~3日続けていたらカサカサした感じがなくなり、皮膚もきれいになり、痛みもなくなりました。ただ、あまり重傷になってからだと効果を感じにくくなってしまうと思いますので、皮膚が乾燥してきたなと感じたら、早目に試してみてください。

体にやさしい施術であるということ3

20年以上さまざまな整体や指圧、マッサージなどを受けてきましたが、痛みなどはその時だけは良くなっても、続けることで皮膚や筋肉の状態を良くしていけるものではなかったです。整膚は皮膚や筋肉、そしてその内側にある血管や神経の状態を良くしていける施術であり、健康法です。そして続けることで、より健康増進していけることを感じていただける方が、少しずつですが増えてきたことを感じます。日常的にセルフ整膚をやってくださっているようです。

体にやさしい施術であるということ2

体に対してやさしい施術です。強い力で押したり揉んだりしない、皮膚をやさしく引っ張りゆっくり戻す、心地よい施術です。体にやさしいとは、症状等により差はありますが、続けることで、皮膚や筋肉の状態が良くなっていくことであり、その内側にある血管や神経などもいい状態になっていくことができるということです。ただ痛みが楽になった、やわらいだといったことにとらわれすぎている施術が多いです。そうではなく、もっと根本的なものです。皮膚や筋肉、血管や神経の状態を良くしていける、少しずつでも今より健康増進していける施術、健康法です。

体にやさしい施術であるということ

うちのおばあちゃんは今月で101歳になりました。足が弱ってきたので施設で暮らしていますが、まだまだ元気です。ご飯も良く食べて、内臓も悪いところがないそうです。今は週一回ぐらい施術をしに行って、足やふくらはぎなどを中心に整膚しています。ここ最近、ご飯を食べる時に手が震えていたようなので、手の平、手の甲、指、手首から腕、肩のあたりを整膚するようになったら震えがなくなってきたようです。

引っ張ることで皮膚の状態が良くなる2

引っ張ることで皮膚の状態が良くなりますが、筋肉の状態も良くなってきます。しなやかでゆるんだような、いい筋肉の状態になってきます。昨日は父が首と腰が張っていたので施術しました。高枝きりばさみを使って長い時間、上を向いて柿を取っていたら疲れたようです。首も腰も5分ぐらいずつ整膚したら、張っていたところがゆるんで、いい状態になってきました。以前、整体や鍼灸にずいぶん通っていたころは、腰のあたりの皮膚は黒ずんで固くなっていました。整膚をやりはじめ、続けていくうちに、皮膚もきれいな肌色に戻り、筋肉もやわらかくなっていきました。整膚は続けることで皮膚や筋肉、血管や神経等を良い状態にしていけることができます。

引っ張ることで皮膚の状態が良くなる

不調がある場所や滞りがある場所は、皮膚の色が黒ずんでいたり固くなっていたりしています。カサカサして潤いがなくなり乾燥していたりもします。血流が悪くなり、乳酸、疲労物質、老廃物等がたまり、リンパや気の流れなど循環が悪くなっています。皮膚を引っ張ることで自然に血液やリンパの流れを良くしていくことができます。反対に押したり揉んだりすることで、かえって筋肉を固めてしまい、血流を悪くしてしまうことを20年ぐらいそういった施術を受け続けて感じています。筋肉の状態が、ゆるんでしなやかになり、体の奥にあるような疲労やストレスを改善していけることが整膚の良さです。

コツコツとやるべきもの3

体の不調や不快感は、ご自身が一番わかると思います。長年の疲労だったり、症状の重いものであったり。すぐに効果を感じることができなくても、コツコツと時間をかけて取り組むべきものもあると思います。自分の体、健康は、自分で何とかしなければいけない面もあります。例えば、階段を一段二段飛ばしていけるようなものではなくて、自分の足で一段一段コツコツと上がっていけるようなものかもしれません。

コツコツとやるべきもの2

父は夜中に4回ぐらいトイレに行くのに起きていましたが、下腹部から鼠径部あたりを毎日寝る前に自分で整膚するようになり、半年ぐらいしたら、トイレに起きる回数が減ってきたようです。1回で済む日もあるようです。毎日少しずつでもコツコツと自分で自分の体を耕していくことが一番の健康法です。すぐに効果を感じることができないことや完全に症状等が改善しないこともあると思います。自分で無理なくできる範囲で整膚をしていただければと思います。施術を受けていただくのも、もちろん効果的ですが、ご自身で少しずつでも整膚をやる意識が、今よりも体の状態を変え、健康増進していくには必要です。

やりにくい場合は

自分で整膚をやる時に、やりずらかったり、引っ張りずらかったりする場合があると思います。そうゆう時は服の上からでなく、肌を直接つかんで引っ張りゆっくり戻してみてください。また、体の場所によっては横たわって整膚したほうがやりやすい場合もありますので、自分でやりやすい姿勢を探してみてください。入浴時などもやりやすいと思います。押したり揉んだり伸ばしたり湿布を貼ったりするより、引っ張ることが一番体にいい影響をあたえることができます。そして続けることで健康増進していけることを感じていけるようになります。

料金について

施術約30分~40分で3000円です。もう少し長く施術を受けたい方は、約1時間で5000円です。整膚を試しに受けてみたい、どういったものか体験してみたい方は10分1000円でお試しいただけます。初診料や回数券、ポイントカード等はありません。実家のはなれをを改装した6畳の部屋で営業しています。

自分の体に意識がいく

日々少しずつでも自分で整膚する。日常的に整膚をすることが習慣になってくると、自分の体に意識がいくようになります。ちょっとした体調の変化だったり、体が不快と感じることなどに敏感になってきます。これは、体が痛くなったらお金を払って、ただ施術を受ければいいものだと思っていると感じないと思います。整膚学園の理念に治療より指導という言葉があります。ただ施術をするだけでなく、来ていただいたお客様に整膚のやり方を説明し、日常に少しずつでも整膚を取り入れていただければと思います。

名古屋が発祥の地です

整膚(せいふ)と読みます。整膚は名古屋が発祥の地です。医学博士の徐堅先生(整膚学園学長)が発見され、今年で25年になるそうです。強い力で押したり揉んだりしない、皮膚をつまんでやさしく引っ張りゆっくり戻す、体に優しい心地よい施術、健康法です。名古屋では、たくさんの整膚サロンがあり、5分500円、10分1000円など気軽に整膚を受けることができます。整膚庵やまもとでも、気軽に整膚を体験していただきたいと思い、10分1000円で施術をお試しいただけます。通常の施術は30分~40分で3000円です。より多くの方に整膚の良さを知っていただき、健康回復増進に役立てていただければと思います。