🔷整膚(せいふ)とは

      皮膚をやさしく引っ張り、ゆっくり戻すことによって血液やリンパの流れを良くし、コリや痛みを緩和、改善させる施術、健康法です。皮膚を引っ張ることで肌の下にある毛細血管に血液が引き込まれ、ゆっくりと元に戻すことで毛細血管に引き込まれていた血液が押し出されます。こうした刺激を繰り返すことにより自然に血流が良くなっていき、固くなっていた筋肉も弾力性がでてきます。強い力で押したり揉んだりしない、骨をボキボキしたりもしない体にやさしい施術です。1992年に医学博士の徐堅先生(整膚学園学長)が名古屋で発見され全国に広まりつつあります。


🔷気の手当てとは

      一般的な気功やヒーリングのような施術者が自分の力を使うものとは違い、足の裏を意識していただいて、施術する側はただ手を当てることのみに徹する施術法です。特別なものや特殊なものでなく生まれつきのものでもなく、誰でもできる施術、健康法です。千葉県一宮町にある、氣と整膚の松本(旧松本健康院)、松本宏一先生に施術、ご指導していただきました。


🔷施術は整膚と気の手当てを組み合わせて行います。最初に整膚をしてその後、気の手当てを行い全身に気を流し、体をゆるめていきます。そして最後に整膚をします。症状等により多少変わりますが、基本的にこの流れになります。医療行為および医療類似行為ではありません。