🔷整膚(せいふ)とは

     皮膚を引っ張る施術です。皮膚をやさしく引っ張り、ゆっくり戻すことにより血流やリンパの流れを良くし、皮膚はもちろんですが、その内側にある筋肉、血管、神経、内臓を良い状態にしていくことができる施術であり健康法です。強い力で押したり揉んだりしない、骨をボキボキしたりもしない、体にやさしい心地よい施術です。こうした刺激を繰り返すことにより自然に血流が良くなっていき、体温が上がり(高体温高酸素)、免疫力が高まることでさまざま病気を予防でき、固くなっていた筋肉にも栄養がいきわたり、いい状態になっていきます。またセルフ整膚として、日常的に自分に整膚をすることで健康回復増進していくことができます。1992年に医学博士の徐堅先生(整膚学園学長)が名古屋で発見され広まりつつあります。

 

🔷手当療法

     施術する側はただ手を当てることのみに徹する手当療法です。特別なものや生まれつきのものでなく、誰でもできるようになる施術であり健康法です。千葉県一宮町にある、神氣と整膚(旧氣と整膚の松本)、松本宏一先生に施術、ご指導していただきました。また、神氣と整膚では整膚師養成教室(整膚学園公認)がありますので、神氣と整膚のホームページもご覧になってください。

 

🔷施術は整膚と手当療法を組み合わせて行います。医療行為および医療類似行為ではありません。

🔷わかさ出版から発売中